« 3.11 父無事確認、岩手の惨状を知る編 | トップページ | 趣味が高じて »

2016年3月11日 (金)

3.11 悪夢から今日で5年編

悪夢のような日が終わり、1ヶ月も経つと私の住む関東地方は日常が戻っていた。
ただ、買占め問題や、節電など今まで以上に騒がしいほど危機感ばかりをあおる空気に包まれていた。

募金も少しした。節電もしている。
でも大きなことは何一つ出来ない自分に情けなさを感じたのも事実だった。
5年経った今でも、仮設住宅で暮らしている方、大切な人をなくし故郷をなくした人がいっぱいいる。仮設住宅から出たものの、慣れない土地での暮らしで孤独感にさいなまれ、ひとり静かに亡くなる老人の話も珍しくない。

天災だから仕方がない。そう言ってしまうにはあまりにも理不尽だと思う。

今日こうやって自分のブログに色々思いを綴った。
3.11を5編に渡って書かせてもらった。
読んでる人には苦痛だったかもしれません。ごめんなさい。
でも、被災地の人に比べれば、比べるなんておこがましいくらいの状況の私でも、5年経った今も未消化な出来事で、ようやく心の声を文章にする決心がついたので書かせてもらいました。
○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*
3.11 悪夢から今日で5年編
読んでいただきありがとうございました。

« 3.11 父無事確認、岩手の惨状を知る編 | トップページ | 趣味が高じて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あの日、ビル内で恐ろしい体験をしてしまったのね…
その後、トラウマとかならなかった?!

私も自宅(借家の平屋建て)の一室で遭遇し、
築30年以上の家の天井が徐々に下がってきていて
このまま崩れるのではないかとびくびくしてました…
(⇒これでまた真っ暗闇の中で眠ることができなくなりました…)

当時、お父様も無事で良かったですね!
やっぱり身内の安否・安全の確認、
私も真っ先にしましたもの。

こちらの外出時はたいてい自家用車での移動なので
非常時用のものは放り込んでおけますが、
都会だと電車移動が殆どでしょうから
持ち歩くものの選定も難しそう…
でも、いつなにがあるかわからないから、
お出かけの際は持ち歩いてね~!

これ以上の自然災害はもうイヤですがこればっかりはね…
せめて被害が小さくすみますようにと願うばかりです。

>ゆうさん
長文、最後までお読みいただいてありがとうございました。
自然災害、ほんとうにもう嫌ですね。
ゆうさんも怖い思いをされましたね、天井が下がってくるなんて本当に怖いです。
ご無事でなによりでした。
3.11を機に通勤はスニーカーになりました。
スーツでスニーカーだってニューヨーカーだったら普通なんだから!
っと、自分の容姿を度外視し言い聞かせて変な姿で通勤していましたよ。^^

非常時用としては懐中電灯は持参しようと最初の2年ほどは持ち歩いていました。
でもだんだん、危機意識が薄れてしまいました。
駄目ですよね、いざとなったときのために今日からまた心して備えます。^^
本当に読んでくれてありがとうでした。^^

五年前、みりさんも帰宅困難を経験されたんですね。
私は家に居たので、TVに映る映像を
ただただ驚愕のおももちで眺めるばかりでした。
五年経った今、復興の有無の落差が大きくて
いろいろ問題も山積みでせつなくなりますね。

>nagomiさん
5編に渡り体験を書かせていただきました。
そして長編をお読み頂きほんとうにありがとうございました。

東京駅近くの高層ビル10階にいました。
耐震性は高くその分、横揺れがなかなか収まらなかったので船酔いのような状況になりました。
nagomiさんはご自宅だったのですね、テレビの津波映像をいきなりずっと流れはじめ余震もあり
怖かったと思います。本当にご無事でよかったです。

日本はいろいろ言われてはいますが、かなり国策がしっかりしていて復興に前向きな国だと私は思います。
とはいえ、仮設住宅から出て安心して暮らせる場所と住宅を用意しても、地域と密着して暮らされていた人たちに
とっては、それが最高の策とは限らないという現実を感じました。
難しいですね。とても。
一日もはやく、被災者の心の復興が進むことを願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3.11 父無事確認、岩手の惨状を知る編 | トップページ | 趣味が高じて »